レーシック後にドライアイになる?

納得!ドライアイの症状と治療法

レーシック後にドライアイになる?

.

レーシック手術とは?

視力がよくなる

最近、話題のレーシック手術とはどのようなもので、レーシック後にはどのような効果が期待できるのでしょうか。レーシックとはレーザーによって近視などを矯正する視力回復方法の一つです。日本では2000年に厚生省の認可がおりてから眼科で行われるようになり幅広く知られるようになりました。具体的には目の中でレンズの働きをしている角膜部分にレーザーを当てて屈折率を変えることによって視力矯正をします。レーシック後には劇的に視力がよくなりメガネやコンタクトレンズが不要になるため目が悪い人にとっては嬉しい手術です。また今のところレーシック後の後遺症や障害なども報告もないため安全性の高い手術としても知られています。


ページのトップへ ▲

レーシック後にドライアイになる?

目薬

レーシック後にドライアイになるという話もありますが、それは本当なのでしょうか。レーシックは角膜にレーザーを当てる手術です。角膜になる神経は角膜の乾きによって涙の分泌を促進します。レーシックではこの神経をたくさん切断するために目が乾きやすくなると言われています。ただ、これはドライアイの人だけではなくドライアイの症状がない人でも涙の量は少なくなるのが一般的だそうです。よってレーシック後しばらくは目の乾きが気になることがありますが、目薬をさせば症状は改善すると言われています。ですからレーシック後は一時的にはドライアイのような症状があらわれるかもしれませんが、レーシックを受けたからといってそれが原因でレーシック後に長期的にドライアイになるということはないということです。


ページのトップへ ▲

ドライアイの人もレーシックを受けられるのか?

相談

レーシック手術をレーシック後のドライアイは一時的なものです。またレーシックでは目の乾きなどの合併症はありますが、その発生率はドライアイの人とドライアイでない人との間に差はないと言われています。基本的に角膜などに異常があったり未成年や妊婦でない限りはレーシックは受けられることになっていますのでドライアイの人でも手術している人はいます。ただドライアイの人は涙を調整する涙点プラグと併用してドライアイ対策と視力矯正を一緒に行うなどドライアイ対策も兼ねることがあるようです。実際にはレーシック後の感じ方はいろいろでレーシック後の目の乾きが気になる期間に目薬をささなかったために後々ドライアイの症状が続くようなケースもあるようですので、信頼できる眼科に相談をしてから手術を受けるようにして下さい。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.