ドライアイ用のメガネ(眼鏡)選び

納得!ドライアイの症状と治療法

ドライアイ用のメガネ(眼鏡)選び

.

ドライアイ用のメガネ(眼鏡)とは

メガネ

メガネやコンタクトをしなければならないくらいの近眼でドライアイの方、ドライアイの症状が重い方にはドライアイ用の眼鏡をかけるのがおすすめです。ドライアイ用メガネといっても自分の視力にあわせて眼鏡を一から作るというものではありません。ドライアイはホコリや風が目に入ることによって乾燥を促してしまいますが、ドライアイ用眼鏡はその乾燥を防ぐために普通のメガネのフレームのまわりに保湿用のカバーを取り付けた眼鏡のことです。メガネのフレームと顔のすき間がカバーで覆われるためホコリや風がほとんど入ってこずドライアイ対策になるというわけです。また、乾燥を防ぐために眼鏡の隅の方に水を含んだスポンジを内蔵させたものや眼鏡の隅に付いている保水カプセルに水を入れるものなど、目のまわりの湿度を保ちドライアイ対策をほどこしたメガネもあります。


ページのトップへ ▲

ドライアイ用のメガネ(眼鏡)の効果は?

パソコン

メガネにカバーを付けたぐらいで効果があるの?と思う方もいるかもしれませんが、眼鏡をかけるだけで外界からのドライアイの原因をシャットアウトしてくれるわけですから、ドライアイにはかなり効果があると言われています。特にパソコン作業などが多く目が乾きやすいという方や空気が乾燥している場所で長時間作業する方などにはおすすめです。そのような方は作業用にドライアイのメガネを一つ作っておくと便利かもしれません。また外出した際に風が目に入ることによって目が乾きやすいという人やドライアイだけでなく花粉症で目が乾いたり充血したりする人にもおすすめです。最近はドライアイ用のサングラスでカバーを付けずゴーグルのようにホコリや風が入ってこないようなデザインになっているおしゃれなタイプも登場していますので、用途にあわせて選ぶと良いでしょう。


ページのトップへ ▲

ドライアイ用のメガネ(眼鏡)はどこで手に入る?

眼鏡店

ドライアイ用のメガネ(眼鏡)は、眼科で処方してもらって手に入れるのが安全で確実でしょう。ドライアイアイの検査の結果を踏まえて処方してくれますので自分にあったドライアイ用のメガネ(眼鏡)が手に入れられるはずです。そのほか眼鏡店でもドライアイ用のメガネ(眼鏡)を扱っていますし、インターネットでも取り付けカバーなどは手に入ります。いずれにしても自分の目とドライアイの症状にあったメガネでなければ症状が改善されませんので、専門の方に相談して購入すると良いでしょう。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.