コーヒーを飲むとドライアイになりやすい?

納得!ドライアイの症状と治療法

コーヒーを飲むとドライアイになりやすい?

.

コーヒーを飲むとドライアイになる理由

コーヒー

コーヒーを飲んだからといってドライアイになるかと言えば、そうではないと思われます。ただし、飲みすぎると胃をこわしたり、睡眠を妨げて睡眠不足になったり、貧血になることもあると言われています。胃をこわせば食べ物の吸収も悪くなり、ドライアイに効くと言われている栄養素も摂取できなくなりますね。睡眠不足はドライアイにとって大敵です。貧血になったら、目の周りの血液循環も悪くなりドライアイの原因にもなりかねませんね。しかし、適度な量のコーヒーはリラックス作用もありますし、最近ではコーヒーに含まれるポリフェノールも注目されています。適量であればドライアイになる心配はないと言えますね。


ページのトップへ ▲

コーヒーの害はドライアイを引き起こす?

睡眠

健康には良くないと言われてきたコーヒーですが、どのような害があるのでしょう?まず、コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があるので睡眠を妨げると言われています。また利尿作用もあるので、睡眠の途中でトイレに行きたくなり目を覚ましてしまいます。睡眠不足は疲れ目にもなり、ドライアイには良くありませんね。また、コーヒーに含まれるタンニンは鉄イオンと結合して難溶性の成分になり、鉄分の吸収を阻害し貧血の原因になります。貧血になると酸素が不足し、血液が十分に行き渡らなくなります。ドライアイにとっても良くないですね。


ページのトップへ ▲

コーヒーはドライアイに良い?

目

ドライアイにはよくない成分がコーヒーにあると言われる一方で、ドライアイに良い成分も含まれているのですよ。その一つがポリフェノールです。ポリフェノールは活性酸素を除去してくれる成分で、老化を防いでくれる成分ですね。目にいいアントシアニンではありませんが、細胞の老化を防いでくれる役割がありますから、目の健康にも良いのです。また、ビタミンB群の一種であるニコチン酸が血液中のコレステロール値を下げてくれます。血液循環を良くしてくれるということですね。だからといってコーヒーがドライアイに良いというわけではありませんが、毎食後のコーヒーはポリフェノールの摂取にも役立つと言われています。免疫力を高め、健康に良いと言われるコーヒーの適量は1日3杯だそうです。ドライアイにとっても飲みすぎないようにそれを目安にするといいかもしれませんね。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.