眼科でドライアイ治療

納得!ドライアイの症状と治療法

眼科でドライアイ治療

.

眼科で行うドライアイ治療〜目薬〜

処方

眼科ではどのようなドライアイ治療を行うのでしょうか。眼科ではドライアイの検査を行ったあと、その結果に基づいて治療を行います。眼科でもドライアイ治療の基本となるのは目薬です。 基本となるのは涙に近い人工涙液の目薬です。基礎的な涙が不足するドライアイの人の涙を補ってくれるものでドライアイ治療のベースとなるものです。また最近はヒアルロン酸の目薬が処方されることも多いようです。ヒアルロン酸は保湿効果が高いためドライアイでも目に涙を保つ効果があるとされています。また少し粘着性があるため目の表面に留まりやすいという点もドライアイに効果的です。ただヒアルロン酸入り目薬はあまり市販されていませんので眼科に行って処方してもらうようにしましょう。市販のものよりも自分のドライアイの症状にあった目薬を処方してもらえますので、症状が重い方や目の乾燥が気になる方は一度眼科に行って治療を受けてみると良いでしょう。


ページのトップへ ▲

眼科で行うドライアイ治療〜涙点プラグ〜

費用

目薬でもドライアイの症状の改善が見られない場合は、眼科では「涙点プラグ」という治療法が行われます。涙点プラグ自体はシリコン製の小さなプラグで目の隅にある涙点に取り付けて涙の量を調節するものです。ドライアイの人は涙の量が少ないので涙がすぐに流れてしまうことが問題となります。しかし涙の量自体を増やすことはできません。そこで少ない涙を有効に使おうということで涙点プラグを取り付けて涙の量を減らすことでドライアイの症状を改善させるというものです。取り付け自体も短時間で終わりますし、保険が適用されますので費用も数千円で済みますので、ドライアイの症状の重い方におすすめの治療法です。そしてドライアイ改善効果も高いので眼科ではよく行われている治療法です。取り付け後の手入れも簡単ですので眼科で治療を受けるときは治療法の一つとして相談してみると良いでしょう。


ページのトップへ ▲

眼科で行うドライアイ治療〜ドライアイ用メガネ〜

メガネ

涙点プラグでの治療をするほどではない時にはドライアイ用メガネをすすめられることもあります。メガネのフレームに透明のカバーを取り付けて、ホコリや風が入らないようにしたドライアイ用のメガネがあります。フレームに隅に水分を含ませたスポンジや水の入ったカプセルを取りつるけることで目のまわりをしっかり保湿してくれるという便利なメガネです。このように眼科ではドライアイの症状にあわせて適切な治療をしてくれますので症状が重い方はぜひ眼科に行ってみて下さい。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.