ドライアイとは

納得!ドライアイの症状と治療法

ドライアイとは

.

ドライアイとはどんな症状?

涙

最近「ドライアイ」という言葉をよく聞きますが、一体どのような症状なのでしょうか。通常、目は涙によって潤い外界の菌や異物から守られているのですが、ドライアイになると涙が少なくなり目の表面が乾いてきます。その乾燥によって目が疲れたり痛んだりしている状態がドライアイと言われています。軽い症状のドライアイなら少々疲れを感じる程度ですが、症状が悪化すると角膜までが傷ついて激しい痛みを感じたり炎症が出てきたりしますので注意が必要です。現在、目に違和感や疲れを感じている人ははっきりした自覚症状がなくてもドライアイかもしれません。しかし日頃のちょっとした心がけで症状が改善できますので、ここでしっかり対策法をマスターしておきましょう。


ページのトップへ ▲

ドライアイになりやすい環境

パソコン

現在、日本でドライアイに悩んでいる人は800万人以上と言われています。さらにドライアイの疑いがあるドライアイ予備軍までを含めると、その数は2000万人以上とも言われています。なぜこんなにドライアイの人が多いのでしょうか。実は、現代はパソコンやテレビなどを見る時間が増えて、ドライアイになりやすい環境になっているのです。ビジネスでもパソコンは1人1台の時代、仕事のほとんどをパソコンの前で過ごす人も少なくありません。また、銀行の手続きやショッピングなどもいまやインターネットで簡単にできますので、プライベートでもパソコンを利用する機会が増えてきています。大人だけでなく子どもたちも同じ状況です。長時間にわたってテレビゲームをしたり小さい頃からパソコンに親しんだりしています。便利になってきた反面、ドライアイになりやすい環境が確実に進んでいるのです。今後もこのような状況は進むものと考えられていますので、今から上手にドライアイ対策をしたいものです。


ページのトップへ ▲

ドライアイになりやすい人はいるの?

コンタクトレンズ

ドライアイは誰でもなるうる症状です。基本的にはパソコンなどを長時間使い目を酷使する人にドライアイの人が多いと言われていて、一般的なオフィスだと3割がドライアイだと言われています。ですから業務のほとんどでパソコンを使うようなオフィスだとその割合はもっと増加します。さらにコンタクトレンズをつけていると目が乾きやすいためドライアイの人割合が多いと言われています。特に会社での環境や仕事内容でドライアイになりやすい環境の人は注意が必要といえるでしょう。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.