ドライアイにはビタミンAが効く?

納得!ドライアイの症状と治療法

ドライアイにはビタミンAが効く?

.

ドライアイに効くビタミンA

目の健康

目の健康においてビタミンAは欠かせない栄養素の一つです。それは「目のビタミン」と言われるほど。ビタミンAは目の細胞や粘膜を正常に保ち、涙の量を一定に保つなどの働きをしてくれるのです。乾燥を防ぐという効果があると言われるビタミンAは、ドライアイにおいて大切な栄養素。ビタミンAが不足すると、目の光を感じる力が低下して、昼間でも薄暗く見えてしまう夜盲症になることもあります。そこまでは悪くならないまでも、暗闇に目がなれるのが遅くなることもあります。ドライアイをはじめ慢性的な疲れ目、眼精疲労などで悩んでいる人は、ビタミンAを含んだ食べ物を積極的に食事に取り入れることが大切ですよ。


ページのトップへ ▲

ビタミンAを多く含む食材

ホウレンソウ

ビタミンAは色の濃い野菜に多く含まれていることが多いです。シソやホウレンソウ、春菊、モロヘイヤ、ニンジン、小松菜、ニラ、サニーレタス、パセリなどです。野菜以外では鶏レバーやうなぎ、鶏卵、干しワカメ、マーガリン、バター、プロセスチーズなどがあります。ビタミンAは加熱にも強く、壊れにくいという性質があるので料理をするのも便利ですね。ビタミンAを体内に吸収させやすくするには、魚介類やきのこなどのビタミンDを多く含む食品と一緒に食べるといいですよ。また、ビタミンAは脂溶性ビタミンなので油と一緒に摂るのもおすすめです。ホウレンソウの炒め物やニラレバ傷めなどもいいですね。ビタミンEを含んだゴマやピーナッツの和え物などもドライアイに効くと言われています。


ページのトップへ ▲

ビタミンAの過剰摂取は危険?

頭痛

ビタミンAの過剰摂取については注意を促されることも多いですね。一度に大量に摂取すると、頭痛や吐き気、めまい、長期間において過剰に摂取した場合は中枢神経への影響や肝臓などの影響などがあると言われています。また、妊娠初期に大量に摂取すると胎児に悪い影響が及ぶことがあるので、妊娠中や授乳中のビタミンAの摂取には注意が必要です。とはいっても普通に食事から摂取する分には心配ないです。ただし、サプリメントやビタミン剤からの摂取は体内に蓄積されやすいので、用量・使用方法をきちんと守って摂取することが必要です。


ページのトップへ ▲

| ホーム | ドライアイとは | 原因が知りたい | 症状について | 予防方法 | ドライアイは視力低下を招く? | コンタクトレンズ選び | 簡単!ドライアイ対策 | 診断基準は | メガネ(眼鏡)選び | ドライアイに効く目薬ってある? | ドライアイ用の目薬選び | ドライアイの検査(チェック)方法 | 治療方法は | 眼科でドライアイ治療 | 手術で治る | レーシック後にドライアイになる? | ドライアイと頭痛の関係 | 改善サプリメント | ドライアイに効く漢方 | 犬猫のドライアイ対策 | コーヒーを飲むとドライアイになりやすい? | ドライアイのゴロゴロ感を治すには | ドライアイはストレスが原因? | ドライアイを治すツボとは? | ドライアイにはハーブがよく効く? | パソコンの使いすぎはドライアイの原因? | ドライアイにはヒアルロン酸が効く? | ドライアイにはビタミンAが効く? | ドライアイにはブルーベリーがいい? | ドライアイに効く飲み薬ってある? |

Copyright (C) 納得!ドライアイの症状と治療法 All Rights Reserved.